人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 卒業 旅立ちの春 (2)

tweet
2020/03/06掲載(北見市/社会・本誌連載)

北見工業高 男性(18)

ラグビーから得たもの多く 精神的に強くなり、成長できた
札幌の農業機械整備会社に就職
家業継ぐ前に「いろいろなこと学びたい」

 北見工業高校電子機械科を卒業した男性(18)は、札幌本社の農業機械整備会社に就職する。高校時代にラグビーに打ち込んだことで「精神的に強くなり、成長できた」と充実した日々を振り返る。

 中学ではバドミントン部に所属。高校入学後、上級生の勧誘もありラグビー部に入部した。「ラグビーは15人全員でボールを追いかけ、協力するのが楽しい」と語る。現役中は肩を脱臼して体を動かせない時期もあったが、練習には欠かさず参加。選手のサポート役に徹し、練習帰りにリハビリに通う日々を過ごした。

 3年生の全道大会は初戦敗退を喫し、悔しい思いをした。「最後の大会だったので一番気合を入れた」という大舞台だけにショックも大きかったが、「3年間ラグビーをやってきて良かった」とも思えた。

 学業の面では、危険物取扱者の4類、6類などの資格を取得。将来は実家の玉ねぎ農家を継ぐ予定で「その前に一度社会に出て、いろいろなことを学びたい」と、就職の道を選んだ。

 「学校では溶接からエンジンの分解まで様々なことを学びました。その経験を生かし、社会人として頑張りたい」と希望に胸を膨らませる。    (柏)