人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

110番非常通報システム

tweet
2020/04/10掲載(北見市/社会)

北見市 防犯体制強化へ全18カ所

今年度は児童センターなどに導入
児童センター5カ所にAEDも配備

 北見市は今年度、市立児童センター、児童館、フレンドセンター全18カ所に110番非常通報システムを導入する。また、北見自治区内の5カ所の児童センターにAED(自動体外式除細動器)を配備する。

 通報システムの導入は、不審者など防犯対策の一環。通報ボタンを押すことで緊急事態の発生を自動的に警察に知らせるもので、通報を受けた警察官が現場へ駆けつける。

 瞬時に緊急事態の発生と通報場所が警察に通知されるため、電話による110番通報よりも迅速な対応が可能。通話が困難な状況で使用できるメリットもある。

 昨年度は市内8カ所の保育園に導入済みで、女性職員と子どもを中心とする施設の防犯体制がさらに強化される。

 救命装置のAEDは市内の公共施設で順次導入が進められており、今年度は北光、三輪、美山、南仲町、とん田の5カ所の児童センターに配置。来年度以降は他の児童センター、児童館にも導入される見通し。      (柏)