人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

適切に…どうすれば? 布マスクの洗い方

tweet
2020/05/29掲載(その他/社会)

調べてみました

 新型コロナウイルス危機の中、布マスクを手作りして利用する市民が増えた。手作り布マスクを記者にプレゼントしてくれた70代の女性市民から「布マスクの適切な洗い方を知っていますか」と質問された。恥ずかしながら即答できなかった記者は調べてみた。                     (大)

もみ洗いダメ、効果の低下に

 布マスクの適切な洗い方は、厚生労働省と経済産業省が動画サイトYouTubeで紹介していた(写真)。ポイントは「もみ洗いはダメ」で「日陰での自然乾燥」だ。この公式動画の内容を要約すると、次のようになる。参考にしてほしい。

 ~・~・~・~

【布マスクの洗い方】

▽用意するもの

・衣料用洗剤

・塩素系漂白剤

・清潔なタオル

・大きな桶

・台所用手ぶくろ

・洗たくバサミ

①桶に洗剤を入れ、水にとかす

②桶にマスクを入れ10分待つ。その後、軽く押し洗いする(※もみ洗いはダメ。マスクの繊維を傷めるほか、飛沫防止の効果を低下させる)

③洗い終わったら桶の洗剤を流し、新しい水と入れ替え、マスクの洗剤をすすぐ

④すすぎ終えたマスクを清潔なタオルにはさみ、手で押して水を切る

⑤マスクの汚れが気になる人は、塩素系漂白剤を使う。この時、台所用手ぶくろをはめる

⑥漂白剤を桶に入れて、マスクを10分間ひたす。10分後、桶の漂白剤を流す(※この手順を2回繰り返す。水気の取り方は洗剤洗いの時と同じ)

⑦乾燥機は使わず、日陰で乾かす。形を整え、洗濯バサミで干す(※日陰干しすることで耳のゴムの劣化などを防ぐ)

 ~・~・~・~

 政府は今月25日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全面解除した。しかし、北海道の場合、人口10万人あたりの感染者数は首都圏よりも多く(5月25日時点)、気を緩めることはできない状況だ。

 網走市において、入手困難だった使い捨てマスクに代わり手作りを含む布マスクを利用する市民が目立つようになった。適切に洗濯することでマスクは長持ちし、新型コロナウイルスの感染拡大防止にもつながるはずだ。