人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

社明運動一人ひと言

tweet
2020/08/14掲載(北見市/社会)

北見北斗高定時制・女子生徒

社会を明るくする運動

 私は「社会を明るくする運動」について、色々考えてみました。

 ごみ拾い、人助け、思いやり、節約、リサイクル、いろんな人との交流etc…ほかにもたくさんあると思います。

 ごみ拾いは環境の整備につながり、体を動かすことで健康になって年齢に関係なく笑顔に。人助けは、苦しんでいる人を助け、多くの人を幸せに。思いやりは、その人の身になって考え、気遣い、誰かを不必要に不快にさせないようにする。思いやりを持つ人が多くなれば辛い思いをする人が減り、明るくなる。色々な人との交流は、年上、年下の世代との隔たりをなくし、心を痛めることを減らして明るく。リサイクルは、資源の有限性を知り、環境汚染を減らして不用品を再生させ利用することで自然界をきれいにetc…。

 どれもすごく大切なことで、きっと私が思いつかなかったこともたくさんあると思います。色々と考えた結果、私は「社会を明るくする」ことについて考えることが、明るい社会づくりにつながるのではないか?と考えました。多くの人が社会を明るくすることについて考え、行動する人が増えることが大切だと思います。一つの行動が二つ、三つと多くなるかもしれません。自分もできることを見つけて実践し、もっと積極的にがんばりたいです。