人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 登記・相続に関するQ&A

tweet
2020/10/23掲載(その他/社会)

相続登記の手続きについて

 自宅など土地や家屋の名義人が亡くなった場合、名義変更(相続登記)の手続きが必要だと聞きました。どのように手続きを進めたらよいのですか?

  (1)相続人全員で誰がどのような割合で財産を引き継ぐのか話し合います。このことを遺産分割協議といいます。

(2)ほかに相続人がいないことを明らかにするため、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡時までのすべての戸籍及び相続人全員の現在戸籍を収集します。このほか、被相続人の住民票の除票や相続人全員の印鑑証明書、相続する人(新たな名義人)の住民票などが必要です。

(3)相続人が確定したら、 (1)で話し合った結果を書面に残し、相続人全員が実印を押印します(遺産分割協議書の作成)。

(4)すべての書類をそろえ、土地や家屋の所在地を管轄する法務局へ相続登記の申請を行います。登記が完了する

と登記識別情報通知(権利証)が交付され、手続きは完了です。

 遺言書がある場合は、話し合いではなく遺言書に従って名義変更の手続きをします。

 このほかにも様々なケースがありますので相続登記手続きでお困りの際は、登記の専門家である司法書士にご相談ください。

 問い合わせは釧路地方法務局北見支局(0157・23・6160)、または釧路司法書士会(0800・800・3946=フリーダイヤル)へ。