人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

国家資格取得し社会へ

tweet
2021/04/14掲載(北見市/社会・教育)

道立北見高技専自動車整備科7人全員合格

今や貴重な整備科

 3月に行われた自動車整備士の国家試験で、道立北見高等技術専門学院(北見市末広町)自動車整備科(2年制)の7人全員が合格した。合格率100%は3年連続。学生達は管内の自動車販売会社などで即戦力をめざし、社会人の道を歩み出した。

 同科は国交大臣指定の二級自動車整備士養成施設。1年次は自動車の構造と基本的整備、2年次は電子制御装置の理解や故障診断、ハイブリット車の整備などを学ぶ。ハンドル、ブレーキなど重要部品の検査は国家資格保有者でなければ行えない。

 管内唯一の自動車整備科ということもあり、各地から採用予定がきて、昨年の求人倍率は6・8倍の売り手市場。学生達は3月、就職が内定した後のプレッシャーが掛かる状況で学科試験に挑んだ。

 結果は「二級ガソリン」「二級ジーゼル」ともに全員が合格。同学院もホッとして修了生を管内のディーラーや自動車整備会社に送り出した。同科の科長、専門主任は「修理して直すという結果で現れるところが自動車整備の魅力。依頼者からも感謝される」と技能を身につけるメリットを語る。今月20日の開講式に向け同学院は各科若干名を追加募集中。