人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

子育てせずに「托卵」たくらんでる?

tweet
2021/06/04掲載(北見市/話題)

北見の緑ヶ丘森林公園に赤色のツツドリ

写真さんぽ

 北見市内の緑ヶ丘森林公園で「ツツドリ」の姿をとらえた。鳴き声はよく聞こえてくるものの、姿を見る機会は少ない鳥だ。

 カッコウの仲間で、夏鳥として飛来する。体が灰色の普通種に対し、写真の個体は雌の一部に見られる赤褐色の赤色型タイプのよう。

 自ら巣を作らず、ほかの小鳥に子育てを押しつける「托卵」(たくらん)と呼ばれる方法で繁殖し、ツツドリは主にセンダイムシクイに托卵する。子育てをほかの鳥に押し付けてズルいようにも感じるが、厳しい自然界を生き抜くための進化が生み出した、究極の子育て術。公園内のどこかで“養子”の子育てに奮闘する鳥がいるかもしれない-。   (理)