人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

美幌町で久保恒造選手壮行会

2021-08-13 掲載

(美幌町/スポーツ)

「熱い走りを」

 東京パラリンピックに出場する美幌町在住、久保恒造選手(40)=日立ソリューションズ=の激励壮行会が11日、役場で開かれた。

東京パラリンピック車いす5000㍍に出場

 久保選手は夏冬合わせて4度目のパラリンピック。東京では、27日予選、28日決勝の日程で行われる陸上競技男子5000㍍(車いすT54)に出場する。

 壮行会では、美幌町オリンピック・パラリンピック選手後援会の伊藤善啓会長が「町民一丸となって力いっぱい応援していく。全力疾走で悔いのない走りを世界中に見せてほしい」と激励。

 平野浩司町長も「けがで大変な時期があったが、町民や子ども達に限りない夢と希望を与えていただき、感激、感謝している。背中に美幌町から全力で町民の思いと追い風を送り、応援したい」とエールを送った。

 花束と支援金を贈呈後、久保選手は「2年前に右手首のじん帯を断裂し、東京は無理かと思った時期もあったり、コロナ禍で1年の延期もあり、思うように過ごせない日々が続いた」と振り返りつつ「1人でも多くの人に希望を与えられると信じてやる。コンディションはばっちりで調子も今はすごくいい。

まずは27日の予選を突破したい。熱い走りをぜひ皆さんに見ていただきたい」と抱負を述べた。

 壮行会後は、町職員や来庁した町民らの激励の拍手を受けながら会場を後にした。(浩)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 東京パラリンピック
  • 壮行会

関連記事