人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

私は言いたい

2021-09-16 掲載

(その他/本誌連載)

一人ひとりがコロナの情報収集を

 コロナ禍が始まり1年8カ月。子ども達は毎日マスクで顔半分を覆いながら過ごしています。学校は子ども達やその家族に感染者を出さぬようガイドラインに沿って対策してくれていますが、長期的なマスク着用が子ども達に多大な影響を与えるとの指摘もあります。マスク、黙食、密の回避。これらがコミュニケーションを困難にし、子ども達に必要な社会形成能力の成長を阻害しているように感じます。中止や延期になった学校行事を楽しみにしていた子ども達の落胆を「コロナだから仕方ない」「コロナが落ち着いたら」と簡単に言えるのでしょうか。

 感染者とは何でしょうか。PCR検査で陽性になった者を感染者とすり替え報道しているのです。PCR陽性=感染ではありません。PCRという遺伝子検査で陽性になったというだけなのです。無症状感染という言葉がありますが、無症状者から感染したという確たるデータはあるのでしょうか。

 マスク着用は義務ではないのにマスクをしていない人は非国民扱いされ、まるで戦時下です。マスクの感染予防効果もどれほどのものでしょうか。世論が国をつくるのです。世論が変わらなければ子ども達はマスクを外せません。メディアが恐怖を過剰に煽っていることにお気づきください。永遠にゼロコロナは来ないことを知り、社会がコロナをどれだけ許容できるかを考えることが必要です。

 国民一人ひとりが疑問を持ち、情報収集することが終息の道になると思います。(女性)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 私は言いたい

関連記事