複雑な羽色のエゾライチョウ

2021-11-25 掲載

(北見市/話題)

北見の南丘森林公園で

写真さんぽ

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市内の南丘森林公園で、北海道レッドリストの準絶滅危惧に指定されている「エゾライチョウ」の姿をとらえた。

 全長35㌢あまり。日本では北海道にだけ生息している。1年中見ることができる「留鳥」だが、観察機会は少なく、記者が同公園でエゾライチョウを見たのは2年ぶりだ。

 低木の間を静かに移動しながら餌を探していた。こちらの気配に気が付いたのか、すぐに高い木へと飛び移り、コクワを見つけて1粒食べたが、すぐに森の奥へと姿を消した。

 林床で保護色となる複雑な羽色で、見た目の派手さはないが、姿が見えなくなった後も強く印象に残る。 (理)

キーワード

  • エゾライチョウ

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー