自分達で育てたそばは格別

2021-11-29 掲載

(美幌町/社会)

美幌「男談農園」参加者らが舌鼓

こども食堂などにそば粉寄贈も

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 美幌町内の「男談農園」で野菜栽培に取り組む男性高齢者らが21日、元町の旧西保育所で収穫したそばを味わった。

 農園は男性高齢者の交流、生きがいづくりなどを目的として、夏季に元町の畑で野菜を栽培。今年は栽培場所が増えたことからソバも植え、9月に刈り取り、10月に脱穀するなど準備を進め、約40㌔のそば粉を確保した。

 この日は約20人が参加。町内在住で、素人そば打ち最高段位の五段位をもつ池功司さんが前日に打ったそばをかけそばにして味わった。参加者は「久しぶりにうまいそばを食べた」と平らげていた。

 残ったそば粉は、町内のこども食堂をはじめ、農園の支援者らに贈るという。  (浩)

キーワード

  • そば

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー