北海道が舞台の小説刊行

2022-02-18 掲載

(北見市/話題・文化)

尾崎太朗(筆名・長田太朗)さん(37)

若い世代に本の楽しさを
人・ひと・240度

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 佐呂間町出身で北見市在住の会社員、尾崎太朗さん(37)が北海道を舞台にした小説「私が月灯りに照らされるころ」(文芸社)を刊行した。「若い世代に本の楽しさが伝わるきっかけになればうれしい」と話している。

 24歳の時、勤務先の書店の店長に本を読むことを薦められ、読書の楽しさに目覚めた。たくさんの物語に触れるうち「自分でも物語を書いてみたい」という気持ちが膨らんでいった。

 書きたい思いを行動に移せぬまま数年が経過したころ、職場の同僚が尾崎さんが書いた日誌の文章を読み「面白い作品ができるんじゃない」と言ってくれた。その言葉に背中を押されるように本作を1カ月半ほどで仕上げたという。

 ペンネームは長田太朗。物語は思わぬ事故をきっかけに、大人の女性がたった1日で高校3年生だったころの1年間を回想する形で展開する。北見や江別など尾崎さんゆかりの地も登場する。

 「北見がメーン舞台なので、身近に感じてもらえるのでは」と尾崎さん。「これからも北海道を舞台にした作品を書き続けていきたいです」と話している。

 A6判224㌻。定価770円。市内の書店などで販売している。     (理)

キーワード

  • 小説

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー